お腹に子供がいるときに夫が亡くなった時の法律相談です。まだ生まれていない状態でも相続人になれます。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

お腹にいる子供が相続できるかどうかの法律相談

知らないと損する法律について
相続の問題といえば高齢になってからと思いがちです。遺言書についても会社を退職した時ぐらいに書けばいいと思っているかもしれません。でも実際には若くして亡くなる人もいます。それが不安だから生命保険に加入したりするのでしょう。ある家庭は30歳代の夫婦のみです。今は子供はいません。夫の親はすでに亡くなっていて、夫には兄弟がいます。このときはもし夫が亡くなったらなどとは考えもしなかったのですがそれが現実化してしまいました。

夫がなった時の相続についての法律相談です。30歳代ともあってさすがに遺言書はありませんでした。ですから一般的な手続きを行っていくことになります。まずは配偶者が相続人になります。もし子供がいればいいのですが子供がいません。更に親もいません。そのために兄弟が相続することになるのではないかとの話になりました。夫はよく働く人ですでに住宅を建て貯金もありました。それらが夫の兄弟のもとに流れてしまうことになります。

この時この妻のお腹の中には子供がいました。もう少し早く生まれてくれればと思っていたのですが、実はお腹の子供に関しては相続の権利があるとされています。ですから配偶者と子供が相続人になり、夫の兄弟は相続を受けられません。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.