法律ではどう定めているのかを知っていると、その知識を武器に全面的に有利な展開に持ち込めます。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

法律を味方につけると

知らないと損する法律について
今や日本も、欧米並みに何かと言えば訴訟を起こすようになり、それにともなって弁護士の数も飛躍的に増えました。最近は、弁護士事務所を開いてもなかなか依頼主が来ないからと、ルックスのいい人や女性弁護士、さらにはユーモアのある型破りな弁護士先生方は、メディアに引っ張りだこという方法で活躍されているほどです。そんな弁護士が増えてきたこともあって、テレビ番組の中で、法律においてはこのように解釈されますといった説明を見かけることが多くなりました。その中には、今まで正しいと思っていたことが間違っていたり、法的には罪に問われることもあると知り、法律の世界はむずかしいと同時に、面白いとも感じるようになりました。

諸刃の剣にもなりえますが、法的な解釈を知っていると、それを武器に相手と渡り合うことができるでしょう。たとえば身近な出来事で起こりうる可能性として大きいのは、歩道を走る自転車との接触です。相手が13歳以下もしくは70歳以上であれば、歩道を走ることが法的に認められていますが、それでもあくまでも歩道は歩行者優先です。ましてやこの年齢に該当しない人は、軽車両に分類される自転車で、車道ではなく歩道を走って歩行者にけがをさせたのですから、全面的に相手が悪いと押しまくることができ、知識は力なりを実感するでしょう。

注目の情報

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.