世の中には、知っておいた方が良い法律というものがあります。それは、ネット上の掲示板に関する法律です。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

知っておいた方が良い法律について

知らないと損する法律について
現代社会は、インターネット社会といわれるほどほとんどのご家庭や仕事でインターネットが普及しています。しかも、利用者は子供から大人まで幅広い年齢層であります。インターネットをビジネスとして使ったり、趣味の一環として使ったり、ショッピングとして使ったりと、色々な使い方ができます。ところが、そういった使い方以外の使い方をしてしまうと、法律に触れてしまうことがあります。例えば、ネット上の掲示板に書き込みをする際に、名誉棄損に該当してしまうことがあります。自分では相手方を名誉棄損するつもりで書き込みしたつもりがなくても、法律の要件に該当してしまって、名誉棄損で訴えられてしまう危険性があります。

ネット上の掲示板に書き込みをして名誉棄損になるかどうかの判断基準については、法律上は事実を摘示するための行為があること、真実に反する嘘の情報であること、そしてそれが公共性や公益性の目的がないこと、などが該当すれば名誉棄損が成立してしまいます。もっと、分かりやすく言えば、あるラーメン店に行ってそのラーメンがあまり美味しくなかったり、スタッフの接客が悪いといった自分の主観でネット上の掲示板に書き込むのは名誉棄損にはならないですが、そのラーメン店の嘘の情報を書き込めば、それは名誉棄損に該当します。仮に自分では嘘の情報が名誉棄損に該当すると知らなかったとしても、法律ではそれは許されないのです。こういったことがありますので、ネット上の掲示板に関する法律は知っておいた方が良い法律となります。

注目の情報

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.