法律は、その国に住んでいる人に適用されるルールとされています。主に国民同士の法律と国民と国との法律が在ります。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

法律には、私法と公法が在ります。

知らないと損する法律について
法律というのは、ある国に住んでいるその国の国籍を有する人や外国人で永住もしくは期間を定めて住んでいる人、海外からの観光客に適用されるルールとされています。この、法律というのは立法機関である国会で作られることになりますが、法律の多くは行政で作成されることが多いそうです。法律というのは、成文法のことをいいます。成文法というのは、現実に在る法律のことをいいます。日本国憲法、民法、刑法、民訴法、刑訴法、商法がこれに該当することになり、これらの法律は基本法ということになります。法律には、私法や公法が在りますし、その他様々な法律が存在しています。

法律の内、民法や商法は私法とされています。私法というのは、私人間で適用される、つまり、国民同士の関係について適用される法律ということになります。また、民法というのは市民生活等に関する基本原則となっています。民法以外にも私法は在ります。商法及び会社法です。商法というのは、民法で適用されている法律行為の内、商人同士や商人や私人同士のルールについて適用されています。会社法は、従来は大学の法学部において学問上の概念とされていましたが、商法の会社編から分離した個別の成文法となっています。ある事柄に関して民法と商法が重なる場合、後者が優先されます。特別法は一般法に優先することになっており、この法諺は全ての法律に適用されることになっています。例えば、質流れについてですが、借金をする場合に友人に自己の所有物を渡して友人が借金を返せなかったら質流れをすると意思表示をすることは民事上、禁じられています。しかしながら、これが商法上だと商人が同じことをした場合は適用外となり、友人とされる人物が質屋営業法の適用を受けていれば質流れしてもかまわないとされています。また、民法では結婚をした未成年者は成年者として扱われることになります。ただ、成年者として扱われたとしても煙草を吸ったり酒類を飲むことはできません。あくまでも民法上や商法上の行為で成年者として扱われることになるだけとなります。

公法というのは、国民と公的機関との関わりを定めた法律となります。刑法が良い例とされており、人が犯罪を犯した場合は司法機関によってどのような刑罰が科されるかについての詳細な事項が定められており、私人が公的機関と関わり合うことになっている法全般となっています。また、刑法よりも身近に公的機関と触れ合うことができる法律は幾らでも在ります。行政手続法は国または地方自治体と国民との間の手続きを定めており、訴訟法については国民が司法機関たる裁判所を利用する際の手続きについて定められています。私法と公法では、公法の方がどうしても多いです。また、法律は勉強する甲斐が在るものとなっており、法律を知ることで生活が豊かになるとされています。

注目の情報

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.