法律が議員、委員会、内閣から発案されててから実際に施行され効力を持つようになるまでの流れの紹介です。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

法律が施行されるまでの流れ

知らないと損する法律について
日ごろ、ニュースや新聞などで頻繁に目にする「法律」は立法府である衆議院、参議院での投票で可決されたものです。先日、衆議院が解散しましたが、衆議院議員を選ぶということは法律を決める国民の代表者を選ぶということです。昨今投票率の低下が各メディアで取りざたされていますが、総選挙が国民の生活に直接関わる大事なものであることが分かります。

日本国憲法下では法律の発案の仕方は3つあります。ひとつは議員が法案を提出する場合です。いわゆる議員立法というものです。ただ議員が法案を提出する場合には一定数以上の賛成が必要であることが「国会法」によって定められています。二つ目は両議院におかれた委員会が立案し委員長名義で法案が提出される場合です。三つ目は内閣が法律案を提出する場合です。多くの法律はこの内閣によって発案されたものです。提出された法案は衆議院、参議院で質疑、応答の形で審議されます。審議後表決がなされ両院で可決されると晴れて法律が成立となります。その後内閣を通して奏上され、天皇が内閣の助言と承認に基づいて公布します。実際に公布された法律が効力を持つのは「施行」された瞬間からです。公布日と施行日は異なる場合が多いですが、施行日はそれぞれの法律の附則の規定に基づきます。

あらゆる法律はこのような過程を経て成立し、施行されたものです。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.