法律にはたくさんの数があり、関係ないものもありますが、私たちは法律に守られている場合がほとんどです。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

私たちの安全をまもる法律

知らないと損する法律について
たくさんの人の中で生活をしていくためには、いろいろな価値観や人種、生活習慣があり、人によって考え方が異なり、困難がつきものです。トラブルを防ぐために、ルールが必要となり、そのルールーがというものが法律ともいえます。法律は、日本憲法に従い国会の議決で成立された法規で、法があるおかげで安全に生活することができていたり、社会的ルールをやぶったものには、法が定めた処分や罰金を支払うなどの義務が生じます。

法は一見普通に生活していくには、あまり関係ないように思われがちですが、生活に身近な法もたくさんあり、身近なものでいうと食に関する法で、食品安全基本法と食品衛生法があります。この二つの法には、食品を安全に食すために清潔や衛生が必要であるとされているだけでなく、安全な食品を味わうためには販売や製造側の知識や管理が大切であり、危険のない材料から製造、運搬が大切であることや、害を及ぼすであろう食品はあらかじめ販売が禁止されているなど、安全に食すために必要不可欠な法でもあります。法がなければ、害を及ぼすであろう食品も販売され、体に害をおよぼす危険もあるため、私たちの食は、法に守られているといっても過言ではありません。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.