良い国を築いていくためには、理性のままに生きる人が政治を動かし、その法律に従うことと伝えられていました。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

哲学から学ぶ法律とは

知らないと損する法律について
私は哲学を勉強することがありまして、そのなかでも倫理的な哲学の本を読み、人間として生きていくためにはどのような考えや行ないをするべきなのかを学んでいます。その哲学を勉強していきますと、本の文章の言葉に法律という言葉は幾度も出てきます。倫理としての法律はまさに民主主義からの考え方でして、個人個人が理性のままに生きることで成り立っていくものだと伝えられております。つまり、支配的な政治のやり方では人間として生きるには不条理となり、自然に従って、そして感情の意のままに生きるのではなく理性のまま生きる人が政治家として行動し、法律を築いていくことで良い国を築いていくことができると、哲学では伝えられていました。

そして自由に生きることができるようになるためには、その法律に従って生きること、法律を自分の思いのままに変えることは道理に反し、もし法律を変えるならば国民全体の自由を守ることができるかどうか、国民全体が考え、選挙をするなら投票をしてもらうという、そのようなやり方で行なわなければなりません。そのためにも国民一人一人が法律のことを理解し、知っていかなければ良い国をくずいていくことができないというわけなのです。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.