IT関連の急激な発達により複雑化してきたネットですがいまいち法律が追い付いていない気がします。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

サイバー関係の法律について

知らないと損する法律について
昨今はインターネットの急激な発達によって目まぐるしいほどのアプリや情報の複雑化が進んでいますがそれに法律が追い付いていないことは否めません。著作権問題や細かい取り決めにそもそも法律自体が存在していない、事例がないので先行きがわからないなんてことがあるのでむやみにビジネスで革新的なアイディアを実行するにはトラップがいっぱいあります。そのグレーゾーンの部分にどれだけ意識がいってるかとゆうと今の政治はコンピューターがまだ今より普及していない世代がやっているのでそもそもわからないことに対策をとることはできないのでごくごく専門的な知識を持っている人だけが取り決めていると思います。そこに民意もなにもなにがどう取り決められているかコンピューターにうとい人は訳が分かりません。

しかしこうゆう日常的におこることすら対策できないのであれば少し日本は危ないと思います。今や世界はサイバーを使った戦いが水面下で行われていてそれにはもれてはいけない情報などの流出や個人情報などを盗むといった悪質な行為が日常茶飯事行われています。これに対してはもっと国をあげて安心してネットワークを作れるようにもっと考えて手段をとったほうがいいと思います。もちろん今もやっているのでしょうが、これはもっと規模を大きくして国家の大きな軸としてサイバー関連の仕組みをつくるべきです。近い将来それができない国はかなりきついと思います。

そのために一番重要なことはやっぱりそういったことを専門とする人材を作れるようにもっと国が支援するべきだし、興味がある人だけがやる分野ではなく最低限の知識として教育を受けるもの全員がある一定の水準までは勉強して最悪でもどんな悪いことが起きてどんな危険なことが想定されていてどんな手段をとるかとゆうことの話し合いに参加できるようにしたほうがいいと思います。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.