隣の犬に噛まれたときどちらに責任がある家の法律相談です。単に噛んだだけなら飼い主の責任です。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

隣の家の犬に噛まれた時の法律相談

知らないと損する法律について
犬に噛まれた場合は狂犬病になる可能性があることから直ちに治療が必要とされています。犬が予防接種を売っていれば大事に至らないこともありますが、必ずしもすべての犬がうっているわけではないようです。それに対して猫は特に噛まれたからといって特別な病気の心配はないとされています。傷が大きければ治療が必要になるでしょうが慌てていく必要はないようです。飼い主は犬が他人に噛み付かないようにきちんと管理しないといけないとされています。

隣の家に犬がいてその犬に噛まれてしまった時の法律相談です。経緯としては、洗濯物が隣の庭に飛んでいってしまったためそれをとりに行こうとした時に噛まれました。門を開けると繋がれていない犬が走ってきて噛んだのです。この時呼び鈴などは鳴らしていないので無断で入った状態です。単に犬が噛み付いたのであれば犬の飼い主に責任がありますが、噛まれるようなことをしたり、適切な配慮がなされていないと噛まれた方にも責任が出てきます。

この家においては、呼び鈴が門の中にあり、家の中の人に用事がある場合も門を開ける必要がありました。そのために噛まれた方にも責任があるが犬の飼い主にも責任があるとされました。犬の買い方だけでなく、自宅の構造も影響します。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.