通信販売でクーリングオフが出来るかどうかの法律問題で、自分から起こしたアクションなので不可能です。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

通信販売で購入した売買契約を取り消せるかの法律問題

知らないと損する法律について
自宅などに訪問販売が来ることがあります。最初は少ない金額の物から勧められ、もっともっとと高いものも買わされることがあります。もしこの時に契約を交わしていたとしてもこれはクーリングオフになる可能性が高いです。訪問販売は販売員と購入者のみの特別な空間での交渉になります。それも購入者の意図した状態ではありません。正しい判断がされない可能性があり、それを保護してくれます。まちなかなどで声をかけられて契約をする時もクーリングオフの対象になります。

では、通信販売で購入した商品についてクーリングオフになるかどうかの法律相談です。8日以内に返品をすればいいとの知識はあるのですが、そもそもなぜこういった決まりがあるのかがわからないと勘違いしてしまいます。訪問販売やキャッチセールスは販売員が言葉巧みに契約をさせる可能性があります。正常な考えができない状態で契約をすることがあるのです。いっぽう通信販売といいますと自分で勝手に商品を見て自分で申し込んでいます。

購入者が意識的に買うアクションを起こしているのでクーリングオフはできないのです。基本的に通信販売は適用外ですが、電話などで交渉をしたりする場合にはクーリングオフが適用出来る場合もあります。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.