報恩販売の契約を取り消したい時の法律相談です。電話で解除を伝えるのではなく書面で行います。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

訪問販売の契約を取り消したい時の法律相談

知らないと損する法律について
訪問販売でやってくるセールスマンは販売のプロです。言葉巧みに販売してきます。販売者からすると家に入ればこっちのものと言わんばかりの人がいます。逆に対応する側からするととにかく家に入れないようにすることを考えたほうがいいかもしれません。あるとき訪問販売がやってきて断ろうとしたのですが調度話題になっている問題に対応できるものとのことでした。検討しようかと考えていたのでつい話しを聞いてみようと思ってしまったのです。

入られてしまったら最後ではないですが、結局上手く契約させられてしまいました。内容はともかく金額がかなり高額です。夫が帰ってきてからやっと我に返ることができました。とんでもない契約をしてしまったことがわかりました。この時の法律問題です。契約を解除するには電話で解除をすれば足りるのでしょうか。訪問販売はクーリングオフをすることができます。8日以内であれば契約は解除できます。しかしやり方があるのです。

方法としては書面で契約解除をしなければいけません。書類に関しては内容証明郵便等を利用すると良いと言われます。これは郵便局などで内容を保管してもらえるもので証拠として後で使うことができます。聞いていないと言わせないためです。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.