法律の解釈とは、想定されていなかった事態が時代の流れにより生じ、それを適切に処理するために必要となる手法です。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

法律の解釈とはどういうものなのか

知らないと損する法律について
法律の解釈という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、法律を理解していく上で最も重要かつ中核となる概念です。以下、具体的に説明していきたいと思います。現在、我が国には膨大な数の法律があります。制定時期の最も古いものは明治時代となります。しかし、明治時代と平成の現在とでは、政治、経済、科学進歩等その時代背景や文化は大きく異なります。したがって、明治時代には想定されていなかった事態が時代の流れとともに生じてきているのです。

このような現在の時代の様々な事態に柔軟に対応するためには、法律の条文を文字通り解釈し適用するというのは現実的ではありません。そこで、法律の解釈という手法が必要となるのです。法律の解釈は、現実の事態に対処するために行う必要性としての利益考量と条文の文言からかけ離れないように行う許容性としての法律構成が大事となります。このようなバランスを緻密に図りながら行っていくのです。具体的な法律の解釈の種類としては、文言解釈、反対解釈、拡大解釈、縮小解釈、類推解釈、勿論解釈などがあります。これらの各種解釈を、現実の事態の適切な解決のために使い分けていくのです。これこそが、法律家の重要な役割であり、責務なのです。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.