法律にも色々種類がありますが、慰謝料の請求などは民法によって細かく定められています。もしもの時に重要な知識です

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

慰謝料請求に関する法律の説明

知らないと損する法律について
現在わが国には憲法や刑法、民法など様々な法律によって安全と平和を守っていますが、弁護士ならともかく、普通に暮らしているなかで知らない法は沢山あります。その中で、比較的一般の人も触れる機会が多い問題は慰謝料ではないでしょうか。実は浮気や不倫などによる離婚の相談件数は年間1万件以上にもなります。もちろん、そんな状況になりたくはありませんが、離婚以外にも思わぬトラブルに巻き込まれる場合もあるため、知っておいた方がいい知識になります。

たとえば、慰謝料を請求する場合、実は請求額に決まりはありません。精神的な苦痛と言うのは人によって違いますので金額の設定はできないのです。では、いくらでも請求していいのかと言うと、実際請求は裁判所に訴えを起こしてからするため、裁判所が過去の事例と比較し、妥当な金額であると認められて初めて請求を起こすことができます。そのため、あまりにも大きな金額を請求することはできません。また、慰謝料の請求には手数料も発生し、請求金額が増えていくにつれ手数料も増えます。

このように慰謝料などについても事細かく法律で定められています。分からない部分や、ややこしい部分についてはやはり専門家に相談するほうが、結果的には一番効率がいいです。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.