日本には、男女雇用機会均等法や労働基準法など、労働に関する法律がいくつかあります。感謝しなくてはいけません。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

労働に関する法律にはどんなものがあるか

知らないと損する法律について
日本には、労働に関する法律がたくさんあります。これらの法律によって、労働者は守られ、尊重されているのです。日本にある労働に関する法律をいくつか紹介していきたいと思います。まず紹介するのは、男女雇用機会均等法です。これは、女性の労働者を「女性だから」という理由で男性と差別してはいけない、定年や退職、解雇、昇進の場で男性と女性を対等に扱わなければならないという法律です。また、福利厚生も、女性だからといって軽くしてはいけないと定めています。私は、この法律は日本が世界に誇ることができるくらい良い法律だと思っています。

この法律ができてから、会社の仕事は二種類に分けられるようになりました。総合職と一般職です。責任ある仕事を任せられる総合職は、主に男性が現在はやっていますが、女性は少ないです。おそらく、これからは女性の総合職の割合もしだいに増えていくだろうとは思われます。ただし、長い時間が必要でしょう。また、日本には、労働基準法という法律も存在しています。この法律は、労働者の1日の労働時間や休憩時間、休日について定めたものです。こういった法律がない国も、守られていない国もたくさんあります。日本にはこういった法律があることを、感謝しなくてはいけません。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.