日本には労働に関する法律がたくさんありますが、職場で苦しんでいる人もたくさんいます。差別はいけないことです。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

労働に関する法律を守るには

知らないと損する法律について
日本には、労働に関する法律がいくつかあります。例えば、男女の雇用機会の平等のための男女雇用機会均等法、労働者について休日や労働時間を定めた労働基準法、最低賃金のために作られた最低賃金法などです。このような法律があるのは労働者にとってはありがたいことですが、それと同時にこんな問題も起きています。それは、労働に関する法律が守られていないということです。どうしたら労働に関する法律は守られ、全ての労働者は幸せになれるのでしょうか。まず真っ先に、男女雇用機会均等法についてから考えてみましょう。

この法律では、労働において男女差別をなくすということがうたわれていますが、実際の職場では差別に苦しんでいる女性はたくさんいます。女のくせに生意気だと言われたりとか、結婚したら職場の人が冷たくなったとか、妊娠したら退職を迫られた、などです。こういった差別をなくすには、法律で禁じるだけではだめなのです。男だから、女だからといって差別しない人間の心を養うことが大切なのです。もちろん、法律で禁じることも大切です。こういった法律があると知るだけでも、なんらかの予防にはなるでしょう。つまり、法律と心の問題なのです。男女差別はいけないのです。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.