私の学んだ法律について、書いていきます。今回は、法人税法について、少し書きたいと思います。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

私の学んだ法律について

知らないと損する法律について
私の学んだ法律について、書いていきます。今回は、法人税法について、少し書きたいと思います。私は、税理士試験に合格していて、法人税法について学びました。法人税法は、本法と措置法からなっていて、本法は、原則規定で、措置法は、特則規定です。私が好きな法文は、22条の内国法人の各事業年度の所得の金額は、その事業年度の益金の額からその事業年度の損金の額を控除した金額とするです。これは、法人税法の核となりますし、これを知らなければもぐりくらいです。これを核として、所得を計算していくのが、法人税法なのです。

原則規定なので、これ以外の方法が特例となるのです。最近では、法人税減税にフラッシュが当たってはいますが、私は、課税はバランスだと思います。中小法人は、特例減税がなされていますし、課税されている法人は、わずかなのです。私は、この法律が好きで、勉強をしていました。法律は、日本語で言えば、完璧な表現なのです。法律ならではの言い回しがありますし、それに従って、私たちは勉強していました。

法律用語は、難しいですが、慣れれば、簡単に理解することができます。きれいな日本語は、リズムも良いので、私は、法律用語は、大好きなのです。

注目の情報

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.