法律は生活の中に入りこんでいます。そんな法律にさいて疑問に思ったら、即・弁護士相談を活用すると良いです。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

弁護士をフル活用して法律を有効利用

知らないと損する法律について
私は悪徳商法らしい会社の契約をしてしまいました。契約当初は、誰も悪徳商法とは感じずにいました。しかし、時が経過するにつれて契約不履行が多くなり、次第には倒産・弊店して『さようなら』という流れになってしまいました。電話連絡もつかなくなり、最終清算を他社に委託するという始末でした。でも、ちょっと不思議な点・おかしいと思う点があり、弁護士に相談をしていました。最後まで納得がいかなかったので、裁判をする事を決意しました。

法律についての疑問点がある場合、弁護士に相談することが良いでしょう。自分の納得のいくまで、相談にのってくれます。私の場合、民事裁判をするまで相談にのってくれました。『会社は法人、私は個人』というもと、その会社の社長は逃亡してしまったのですが、最終的には個人の不法行為という訴状で損害賠償を請求、勝訴という流れに収まりました。

日本人の性質というのか?裁判は嫌いという人が多いと思います。でも、決して恥ずかしいことではありません。私も当初は、裁判なんて…と思っていました。実際の法廷へ出向くと私以外にも裁判を行っている数の多いことに驚きました。訴状の提出から判決言渡し、強制執行などの流れまでも勉強できました。自分自身にも自信がついたように思えます。裁判所をどんどん活用して、自分の意見を主張できる人になりたいと思いました。泣き寝入りだけは、しないようにして欲しいです。

注目の情報

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.