裁判官、検察官、弁護士は、法律の専門家として法曹三者と言われます。それぞれの役割について記述したいと思います。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

法律の専門家としての法曹三者

知らないと損する法律について
裁判官、検察官、弁護士は、法律の専門家として、法曹三者と言われます。このいずれになるにしても、司法試験に合格しなければなりません。その上で、司法修習生としての研修が終わらなければなりません。現在は、専門職大学院である法科大学院を修了しなければ、原則として司法試験の受験資格が得られないことになっています。そして、検察官は刑事事案について司法捜査を指揮し、起訴することによって摘発し、法秩序を守ります。裁判官は、刑事、民事等を問わず、あらゆる裁判を取扱い、法的な紛争を最終的に解決することにより、社会秩序を担保します。弁護士は、裁判にかかわらず、一般市民の権利が不当に侵害されないように、法律的な観点からアドバイスしたり、代理人として活動します。

法曹関係者には、司法書士や行政書士などもありますが、取り扱うことができる案件にランクがあり、最終的に解決ができるのは、法曹三者ということになります。日本では裁判沙汰という言葉があるように、裁判を敬遠するような土壌があります。判決を待たずに、裁判以外の和解や示談で解決する方が時間的にも合理的な場合もあります。法律を適用するにしても、必ずしも裁判によらない方法を提示することも法曹三者の役割です。

注目の情報

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.