一般に六法と言われる法律には、憲法、民法、刑法、会社法、民事訴訟法、刑事訴訟法などがあります。

知らないと損する法律について
知らないと損する法律について

六法と言われる法律について

知らないと損する法律について
法律には、憲法、民法、刑法、会社法、民事訴訟法、刑事訴訟法がります。これらがいわゆる六法というものです。憲法は、最高規範です。民法は、個人間のお金に関する紛争を解決する法律です。刑法は、刑事裁判に関する法律です。会社法は、商人間における法律で、民事訴訟法は民法の手続きを、刑事訴訟法は刑法の手続きを定めたものです。六法は司法試験などの試験科目にもなっています。余談ですが、民法を制する者は司法試験を制すると言われます。これは、弁護士などに必要となるのは民法が多いことからでしょう。

会社法は民法の手続き法の関係にありますので、会社法が適用される場合には民法は適用されません。民事訴訟法は、民事裁判を定めたものですが、第一審裁判所がいずれになるかは裁判で訴える額などで決まっています。刑事訴訟法は刑事裁判の手続きを定めたものですが、場合によっては国選弁護人が選任されたりします。また、民事訴訟法の訴える主体は個人ですが、刑事訴訟法においては訴えるのは検察官となります。これは検察官は公益の代表者とされるからです。また、検察官が訴えを提起しない場合はその是非を決める民間人から組織された検察審査会という制度があります。

Copyright (C)2019知らないと損する法律について.All rights reserved.